交通事故加害者の法的責任

自動車大国と呼ばれる日本では多くの方が日常の交通手段として自動車を用いています。
都心部では電車やバスなどの公共交通機関が発達していることもあり車をあまり使わないということもありますが、公共の交通機関があまり発達していない郊外や地方都市になると一家に一台どころか一人が車を一台所有していることも珍しくありません。

そんな自動車大国日本では交通事故も当然のように起こっています。
もちろん、交通事故というのは車に関連するものばかりではありませんが、やはり車同士、車と人、車と建物などの事故は年間を通して数多く報告されています。
交通事故に巻き込まれてしまうと健康的な被害を受けることもありますし、社会的な立場を追われることもありますから十分注意しなくてはなりません。
また、事故においては被害者が取りざたされることが多い傾向にありますが、交通事故の加害者には法的な責任が生じるということをしっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。

事故の加害者になったことがある、という方ももしかするといるかもしれませんが、事故を起こしてしまうといくつかの法的責任を負う必要が出てきます。
大きく分けると民事と刑事、行政上の責任が生じることになりますが、これをしっかり理解していない方が実に多いのです。
そこで、このサイトでは交通事故加害者が負わなくてはいけない法的責任について知識をまとめてみました。
覚えておいて損はありませんから覚えておきましょう。